インターネットでの依頼ありがとうございます。

本日は山武市椎崎のU様邸に単三切替工事で伺いました。

現在は単二30Aでご使用中。契約アンペアを50Aにしたいそうです。

単二分電盤(交換前)

単二の東電ブレーカーで30Aはカバーが緑色です。

ご承知の通り、単二(2芯ケーブル)で幹線がVVF2.6m㎡ケーブルでは30Aが限度なので、50Aに変更ができません。単三(3芯ケーブル)切替工事が必要となります。

単二VVFケーブル(工事前)

単二電力計

電力計(東電が交換)・メーター盤・引込配線・分電盤すべて単三用に交換となります。

引込み線、張替え作業

当店では幹線にSV14-3C(14m㎡3芯)を使用しております。

将来のオール電化住宅にも対応できますヨ(^^♪

工事店さんによっては幹線にSV8-3Cを使用するところもあります。

 

 メーター盤交換後

昔のメーター盤は木製でしたが、今はプラスチック製を使うのが一般的です。

東京電力が単三用電力計を後日取り付けます。

点検口取り付け前

さて、幹線ケーブルの交換ですが、そんなに簡単ではありません。

メーター盤から分電盤まで、ケーブルを交換しなければならない為です。

今回のお客様宅は分電盤が洗面所に設置してありました。

浴室に点検口があれば良かったのですが無かった為、洗面所に新たに設置しました。

 当店にて点検口設置

分電盤の近くに点検口を設置する理由がもうひとつあります。

それは、新たなコンセントを分電盤から配線するときに、作業がしやすいためです。

点検口も自分で取り付けました\(^o^)/

単三用分電盤設置

東京電力で工事後、50Aの東電ブレーカーが一番左に入ります。

エアコン用コンセント設置

コンセントの真上からはケーブルが入らなかった為、一部が露出配線となりました。ご要望によりモール設置も致します。

2階コンセント工事前

最大の問題が、2階の奥にある増築したこちらの和室。

将来、エアコンを設置したときに使えるように、専用コンセントに切り替えて欲しいとの事。

和室コンセント作業中

幸いにも床が畳でしたので、一枚上げてみました。

このコンパネに穴を開け、VVF2.0mmを挿入。1階の天井裏から見えたので、釣竿に似たスリムフィッシャーで引っ掛けて引き寄せました。

VVF2.0mm分電盤より接続

やりにくい所で大変な作業でしたが、分電盤から引いてきたケーブルをうまく取り出すことができました。

作業完了

コンセントの接続を切換え、専用コンセントになりました。

露出配線にすることなく、うまくできました(●^o^●)

分電盤取り付け後

最後に絶縁抵抗計で漏電チェックをして作業終了です。

東京電力に申し込みをしてから、一週間~10日程度で東電工事。

その後、東電検査終了ですべて完了となります。