本日は、とある学校体育館の水銀灯オートリフター修理に伺いました。

水銀灯が球切れや故障をした場合、スイッチ操作で電動モーターを回し、ワイヤーが緩んで降りてくるんです。これをオートリフターといいます。

水銀灯オートリフター

『卒業式が控えているので、球切れを直してください』と依頼され伺ったのですが、オートリフターが下がったまま上がらなくなってしまいました。

それも8ヶ所・・・(*_*)

上がらなくなったオートリフター

こちらの建物は天井裏が狭くて入れないので、高所作業台を使用することにしました。

高所作業台

こちらの作業台で14mまで上がることができます。

学校側に迷惑かけないように、土日で作業することにしました。

まず、何故上がらないのか?を調べるため外してみました。

取り外したオートリフター

原因は上昇巻き上げ終端スイッチ部の接触不良でした。

水銀灯が60台あるなかで、オートリフター故障が8台、球切れが8台

安定器故障が3台(・_・;)

深夜0時近くまで残業をして終わりました・・・。

体育館写真1

体育館写真2

体育館写真3

全点灯してます(^o^)

ただ水銀灯が点いてるだけですが、ものすごく感激!!(^^♪

今夜もおいしいビールが飲めそうです♪