皆さんこんにちは。今回はアルミフェンス取り替え作業をご紹介させて頂きます。

赤楕円丸の所に本来はアルミフェンスがあったのですが、昨年の大風の時に壊れてしまったそうです。本来別のお仕事の依頼を頂き、現地へ状況確認に向かわせて頂いた時にこの写真の様な状況でした。

お客様はフェンスの修復を行いたい様でしたが、何処にお願いをしてよいか分からないご様子で、「平野電気さんでお願い出来ませんよね?」と言われておりました。

すると、「ウチでも取り付け可能ですよ」と、社長が即答するとお客様が安堵の笑みを浮かべておりました。いつもであれば私は驚きのコメントをこの後表記する所ですが、今回も未体験領域ではありますが、正直言ってワクワクしていました。

上の写真の矢印の所なのですが、本来フェンスを支える柱が立っていた所なのですが、拡大して見ると

分かりにくいかもしれませんが、赤丸の所 根元から切断されてしまってました。もともとは 縦格子タイプのフェンスが設置されていた様ですが、風でこの様になるとはチョットビックリしました。

アングルを変えた状況がこの様にフェンスが壊れてしまっていました。

フェンスの柱を建てる穴を数カ所あけて

柱を建て終える頃には日が傾いてしまいました。

最後の仕上げは社長に行って頂き、取付完了となりました。

今回、私は初めてフェンス修復に立ち会わせて頂いたのですが、柱を建てる穴をあける位置や、ドリルを使用し垂直に穴あけ作業する方法がとても勉強になりました。自分の家のフェンスも一部壊れかけの所があるので、近い将来に修復を行いたいと思いました。