みなさんこんにちは。今回は山武市本須賀にてエアコン室外機の設置場所の変更と、新規取り付け作業をさせて頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

1台目のエアコン設置状態が上の写真です。外壁塗装作業の為か不明でしたが、この様な状況でした。

配管(冷媒管)を新しくし、エアコンカバーを取り付けました。別日になりますが、今の室外機の右側に新しい室外機を置く予定です。

2台目ののエアコン設置状態が上の写真です。2階から1階へ配管が施工されていました。お客様と色々ご相談させて頂いた結果、赤丸印屋根の上に新しく室外機を設置させて頂く事になりました。

外壁へエアコンカバーを取り付け最中です。

屋根の勾配に合わせて角度が調整出来る架台を使用致します。(余談ですが、私はこの架台を使用するのが2回目なのですが、初めて見たときは組み立て方が分からず、説明書をニラメッコした事を昨日の様に覚えております。)

全体的に見るとこの様な感じで取り付けが完了致しました。

エアコンカバーを取り付けて配管をたち下げて

屋根用架台を取り付けて室外機を設置させて頂きました。

最後に2階のお部屋に新しくエアコンを設置致します。このお部屋にはエアコン専用コンセントが無いので、後ほど1階の分電盤より新しく電線を引く工事をさせて頂きました。

1階の分電盤より、天井裏を経由して屋外へ引き出した電線を、防護管(可とう電線管)を使用にて外壁へ固定し、エアコン(室内機)設置付近へエアコン専用コンセントを設置させて頂きました(写真はありませんが…)。

室内機をセットし終えたベランダ側からの写真です。赤矢印の白色の線が、1階 分電盤より外壁を経由して布設したエアコン専用の電線になります。

新しい配管と一緒にエアコン専用回路の電線を束ねてテープ巻きした状態です。

室外機設置場所はお客様とご相談させて頂いた結果、今回は2階のベランダでは無く、1階の室外機を移動させて頂いた隣へ設置する事となりました。

今回は外壁塗装中で作業足場が組まれていたので、室外機を屋根上に設置する作業や、外壁へ配管を固定(コーキング処理含む)する作業がとてもスムーズに出来て良かったです。作業足場が無かったら高所作業車の出番でしたが、とてもすべての高所作業を出来る状態では無かったと思うので、作業足場がとてもありがたかったです。