みなさんこんにちは。今回はリフォーム中のお客様宅にてガーデンライトの取り替え作業をさせて頂きましたのでご紹介させて頂きます。

写真が小さくて見にくいかもしれませんが、赤矢印2カ所が今回の作業箇所となります。

写真左側を拡大して見ると…

一見何事も無い様に見受けられますが、丸い照明箇所が傾いています。夜暗くなると確かに照明が点灯していませんでした。

何かが接触した様で、照明器下側のガラス部分が割れていました。

照明器を取り換える為、土の中に埋まっている配線を探しました。相当の衝撃があったのか、配線が腐食していたのかは不明ですが、照明器電球付近側で配線が切断しておりました。

新しい照明器具をすでに取り寄せておりましたので、お客様へ了承頂き新しものへ交換させて頂く事になりました。

一カ所目が終了致しました。

二カ所目の拡大写真です。

角度を変えて見ると…傷とへこみがあります。こちらも先ほどと同様に新しい物と交換させて頂きます。

結構な衝撃だった様で電球の土台が傾いていました。

先ほどと同様に地面の中の電線を探し出し、既存の柱を取り外す前です。

新し土台への中で電線を繋ぎ、仮置きした状況です。既存の高さより若干高くする必要があったのですが、地面を掘りすぎてしまい微妙な土の埋め戻しに時間を取られてしまいました。

最初の高さより若干高くなったので今度は傷つく可能性が低くなってくれると良いのですが…

別作業が終了した頃には辺りがすっかり暗くなっていて、取り替えた照明器の点灯確認試験が出来ました。