皆さんこんにちは。

今回は非常に珍しい所で、テレビのアンテナ線が切断されていたお客様(私の学生時代の同級生)の修復案件をご紹介させて頂きます。

上の写真 お気づきになられますか?

白く丸いアンテナ(衛星放送用) 右側の白い線が切断されています。

アンテナの全景がこの様な状況でした。

アンテナを拡大してみると、矢印の所で線が切れています。

本来は、切断箇所から赤線の様に下側へ降りているはずなのですが… 

テレビアンテナ工事の経験豊富な社長も「初めてみた こんな所でケーブルが切断されているの⁉」と、とても驚いていました。

設置した業者さんが別業者さんの為、その当時どの様な施工をしたのかは不明ででしたが、同じ様な事が起こらない様にケーブルを数カ所パイプへ固定する方法で施工させて頂きました。(全景写真ではわかりずらいと思われますが…)

拡大するとこんな感じです。 これで、同じ様にケーブルが切断されて垂れ下がる事は無くなるかと思います。(アンテナを支えている線も微調整させて頂きました。)

私事で恐縮ですが、久しぶりに会った私の同級生は、ボディーショップの社長をされていました。

許可を頂きましたので、同級生のショップのホームページを下記にリンクさせて頂きます。

“ならし板金”と言う技術で、車のキズ・へこみ・部品が無い 車でも交換せずに直せるそうです。
ご興味を持たれた方はこちらよりご覧下さい。