みなさんこんにちは。今回は山武市寺崎にてBS放送が映らないとのご連絡を頂き確認作業をさせて頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

BSアンテナ受信は地デジアンテナ受信に比べ電波の受信角度が非常に狭い為、大雨や大風等での受信感度がまれに悪くなります。今回もそのような影響によりアンテナの角度が変わってしまったのではないかと予測し、アンテナを確認しに来ました。下からみた限りでは受信角度に影響はなさそうでした。念の為受信状況を確認した所受信レベルに問題はありませんでした。

アンテナからケーブルをたどってきた所、赤丸印屋根の下側に各部屋への枝分かれ(分配器)している機器がありました。時々この分配器が壊れてしまってテレビが映らなくなる事があるのですが、今回は問題はありませんでした。そうなると、天井裏からテレビ付近までのケーブルがどこかで不具合がしょうじている事になるのですが、壁の中に線が通っている為目視確認がで出来ない可能性もでてきました。お客様との何気ない会話の中で、過去に身内のかたに天井裏で配線の修理をしてもらった事があると伺いましたので、天井裏のその場所へもぐりこみました。

上の写真に二本の黒い線がありますが、今回のBSの線は下側になります。ガムテープがBSケーブルに巻き付けてありました。以前の配線を修理してもらった結果だそうでした。なぜ?この様にガムテープを巻く事になったのか詳しく伺った所、以前屋根と1階の天井裏との間が20cm程度隙間があり、その隙間へ動物が侵入していたそうです。その時にBSの線をかじられてしまったので、ガムテープで線を補強したそうです。

天井裏で補強されたガムテープを恐る恐るはがして見ると…

上の写真の様に銅線が見える位までケーブルが動物によりかじられていました。

ケーブルの中心部分に細い銅線が通っているのですが、上の写真の様に切断されておりました。天井裏にて切断されていた銅線を繋ぎ直しBS放送は無事に受信できる様になりましたが、今までこの様な状況で受信できたいた事にチョット驚きました。