本日の作業は地デジがたまに写らなくなるアンテナの改修です。

こちらの地域は5~8年前位に空港公団よりアナログ受信が整備された地区です。

とは、いってもアナログ受信が整備されただけで、デジタル受信が整備された訳ではありません。

アナログ放送のチバテレビとアナログの民放放送を受信する為に、UHFアンテナが2本取り付けてあります。

今回のお客様のようにたまに写らなくなるのは、混合器と呼ばれる2本のアンテナから出た線を1つにまとめる装置(機器)がついている為に、おこる可能性があります。

UHF混合器

UHFアンテナは東金局と光局に設置してありましたが、東金局のアンテナは撤去して、光局のみにしました。

光局からはチバテレビ以外のアナログ放送とデジタル放送(チバテレビ含む)が送信されているので、光局受信のみにしても問題ないのです。

旧型30dBブースター

こちらの30dB用UHFブースターも利得が弱いので、交換します。

DX製 BU-41L1

 作業前まで平均48dBから56dBまであがりました。

MER/BER共に問題ないので、様子をみてもらうことにします。