皆さんこんにちは。

今回は、事務所浄化槽の修復体験談をご紹介致します。

せがれさん(社長)と新米従業員(私)で現場移動中、オヤッサン(会長)より自分に電話がかかって来ました。

(オヤッサン)開口一番「浄化槽に猫が詰まっちって 直さねっきゃしゃーねーから、作業車に乗っている工具を使うから今すぐけえって来れねーか?」

(私) 浄化槽に猫が詰まった?(◎_◎;) かなりビビッてましたが…

「今 次の現場に移動中なので、終わり次第早急に戻ります」(出来る限りの平常心を装いました。(^^;)

私はパルプンテ状態で(わかる方がいたら嬉しいです。) (^^ゞ 事務所に戻ると 暗闇の中、小さな照明器を使用し、ミニユンボで浄化槽脇の地面をオヤッサンのお友達がほじくっていました。

ここで状況を聞いてみると… 配管に詰まっているのは、猫では無く 木の根っこ との事(-.-)

(私の心境)ビビッて損した(*_*;

翌日、明るくなった所での写真が下記写真です。

昨日の夜ミニユンボで引っ掛けたのかは不明ですが、配管が一部割れていました(バケツ脇の曲がった所…)

配管を一部切断してみると

これでは排水できないですよね?(◎_◎;)

配管に詰まっていた根っこの一部が下写真です。

(私)この切断した配管はこの後どうするんだろー?浄化槽屋さんに修復してもらうのかな?…と思っていたら。

オヤッサン せがれさんへ向かって一言 (倉庫にしまってあった配管を持って来て) 「これで直しとけやー」

私 (・・)?

せがれさん「材料費ケチってんじゃねーよ!足りねー材料俺が買ってくっから…(さすがは親子の会話(*_*; 普段の社長はとっても優しい方ですよ。) (^.^)/~~~

と、やり取りが続く中 私が思ったのは、ホームページに記載のあった(親子揃って自分でやらないと気がすまない性格…)を思い出しました。

そして 社長が買って来た物が下記写真です。

ホームページにも記載されております通り「完璧な施工を心掛け…」をモットに社長が施工した結果、排水勾配もバッチリ確保出来てました。(フェンスの基礎を避ける為、曲がりがついておりますが…)

メルテスひらのでは、電気工事に限らずお客様のお困りの事なんでもお申し付け下さいと、ホームページに記載のある通り作業をしていた二人にビックリしました。自分も色々な事を早く吸収出来る様に頑張ろうとしみじみ思いました。(^_^;)