皆さんこんにちは。今回は屋根瓦取り換え作業をご紹介させて頂きます。先日、山武市にてケーブルテレビ加入者様より、地デジアンテナ取り付け工事をご依頼頂きアンテナ取り付け条件の良さそうな場所を確認しておりました。

エアコンの配管(上記写真上側矢印)が劣化している箇所があり、屋根に上って状況確認を行った所(下側矢印は取り付け予定の地デジアンテナです。地域電波事情によりこの様なアンテナを使用致しました。)

瓦が割れていた為、社長がお客様へ事情を説明しておりました。私は、今回ばかりは瓦屋さんへ連絡をお願いするのとばかり思っていました。事情説明の内容を良く聞いていると、「予備の瓦 1枚ありますか?」とお客様へ確認をしていました。

そして出てきた予備の瓦です。なんと今回も瓦を修復するとの事になり、テレビアンテナ取り付け作業は、私とオヤッサン(会長)が行っている間に作業をすることとなりました。(正直、私はどの様に瓦修復作業をするか分からなかったので、興味深々でした…)

ひび割れた瓦を取り出して。

予備の瓦へ取り換えて。

コーキング処理を施し瓦修復は完成です。後はエアコン配管の修復です。

劣化した配管を拡大して見ると。

エアコンのガスが入っている銅の管がむき出しになっておりました。

断熱材を新たに巻き付け(仮処理中)

テープを巻き直して作業完了です。

このテープ巻きですが、人が行っているのを見るととても簡単そうにみえるのですが、しわが入らない様に巻くのが結構大変なんですよ。(私はいまだに気を使います。)