みなさんこんにちは。今回はパトライトが壊れてしまった為、交換をして頂きたいとのご要望を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

屋根上にある既存のパトライトです。何故か分かりませんがビニールテープで補強されておりました。

写真右側のパトライトはカバーが外れている状態でした。

最初の写真の左側 青色パトライトの蓋を開けて見ると…電源プラグの様な物が見受けられます。

電線の接続状況からの推測ですが、手先の器用な方が今はやりのDIY施工をした様に思えました。水がBOX内に浸透せず、コンセントがショートしなくて(水に触れなくて)本当に良かったと思います。BOX内面を良く見ると水滴が確認出出来るでしょうか? 他の箇所も全て同じ様に防水性のない普通のコンセントで繋がれていました。

上写真右側の矢印箇所のコンセントより左側矢印箇所の電線で、屋根上へ電気を送っている状況でした。

上写真が、看板の下に取り付けてあるパトライトです。こちらも故障しているので、取り替えさせて頂きます。

屋根上の新しいパトライトを設置させて頂いた写真です。電線を配管で防護し、パトライト下のBOX内で電線を接続してあります。ちなみに電源は当初使用していた防水コンセント裏側から引き出しました。どなたが配線をされたのか不明ですが、室内のスイッチを経由していた為、スイッチでON・OFFが可能でした。

看板下側に取り付けられていたパトライトも交換させて頂きました(上写真)

交換作業はこれで完了です。後は夜暗くなった時にどの程度光るのかが問題です。一応交換する前に点灯テストはお客様と一緒に確認はしましたが、実際に取り付けてみた結果が楽しみです。

動画でお伝え出来ないのでとても分かりづらいですが、従来のモーターが回転するタイプではなく、LEDが回転している様にフラッシュするタイプなので、点灯の仕方が屋根側と地上の看板下のパトライト(モーター回転式)と点灯の仕方に変化があり、とても良い感じに点灯してくれました。