みなさんこんにちは。今回は、自宅でサウナをする為にコンセントを増設して欲しいとのご要望を受け、まずは現地状況を確認させて頂きました。

上写真がサウナの機械で、電源が200V必要との事で2階のこの部屋へコンセントを増設して欲しいとの事でした。

私は初めてこの様な物を見たのですが…

2階の普通の部屋でこのような小さな機器で六畳位の部屋をギンギンに暑くする事が可能なのかとても不思議に思ってしまいました。

ブレーカーの状況を確認した所、右下の回路が未使用でしたので、増回線が可能と確認出来ました。

調査時点では、1階の天井裏を確認出来るスペースがお風呂場の点検口しか無いと思い、新設する電源線を屋外の外壁に添わせて配管で施工するしかないかと思っていたのですが、押し入れからも天井裏を確認できる点検口があり、人が天井裏へ入る事が出来ない位のスペースですが、ケーブルを通す事が出来そうな状況を確認す事が出来ましたので、後日、工事をさせて頂く事になりました。

サウナの機器からのコンセントが上写真となります。普通のコンセントと比べ、かなりゴッツイコンセントで、尚且つ、コンントを頻繁に抜き差しするとの事でしたので、取り付けできる位置がかなり絞られる状況でした。

2階のサウナを使用するお部屋の窓の脇に柱がある筈なので、のそ柱にコンセントを取り付ける事をお客様に了承して頂きましたので、壁を加工し電線を1階の天井裏へ落とし込みした所…

見事に1階の天井裏へ落とし込む事が出来ました。落とし込みが不可能の場合、2階より落とし込んだ場所が玄関ホールだったので、そこへ点検口を取り付けなければ電線を通す事が出来ないかもしれない状況でしたが、点検口を取り付けずに施工出来て良かったです。

分電盤へ電線をたち下げて、配線工事は完了致しました。残るはアース線です。分電盤にアース端子がなかった為、アース工事も別途行いましたが…

お風呂場の窓の無い側の壁にアース線が通る穴を開け、アース棒を打ち込む為付近を掘ってみた所、ガス管やら水道管やら排水管やらとワンサカ出て来てしまいました。結局、建物から一番遠いフェンス側でやっとアース棒を埋め込む穴が掘れました。

アース棒を地面に打ち込み、アース線を配管に収めアース線布設作業が完了致しました。

2階のサウナを使用するお部屋のコンセント取り付け中の写真になります。壁の中に日本間BOXと言うコンセントやスイッチを取り付ける為のボックスを壁の中の柱へ取り付けた所です。

プレートを取り付けてコンセント工事が完了致しました。

最後に分電盤へ電線とアース線をつなげて電源工事が完了致しました。

実際にコンセントを接続し、記念に一枚写真撮影させて頂きました。この後、このブログを掲載する前に自宅サウナについてネットで色々検索してみました。サウナ部屋をこれから作る所だったのですね?確かに、以前見せて頂いた時と部屋の状態が若干変わっていた事にようやく気付きました。